FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

健康に対する情熱

海外から帰国してからの私は、なぜか「健康になること」に意欲的です。これは海外で「安さと簡単さ重視」の身体に悪い食生活を送っていた反動かもしれません。

食事にも気をつけていますが、身体を動かすことに情熱を燃やしています。



私は会社務めをしていませんので、一般の人に比べると自分の時間を作りやすい環境にいます。

そのため、自宅近くにの公園(1周650m)へ週3回ぐらい通っています。

まずは、約4km(6週)のジョギング。

軽くストレッチをした後、サッカー用のスパイクに履き替え、壁に向かってサッカーボールを蹴ります。

ひたすら蹴ります。



別にストレスが溜まっているありません。(^_^;)

サッカーやフットサルが下手な私ですが、33歳になって、「もっと上手くなってやるぜ!」という情熱が出てきたのです。



誰かが壁を使っていると、壁が空くまでドリブルやリフティングの練習をして、「もうそろそろ壁を空けてくれないかなぁ」とプレッシャーをかけます。

これは大人には通用しますが、子供には通用しません。子供はこちらのオーラを察してくれないからです。



自分が壁を使っているときに誰かが来ても、基本的には自分が満足するまではボールを蹴り続けます。体力がないので、それほど長くは使いませんが・・・。



私が壁をすんなり譲るとき。それはサッカーボールを持った少年が来たときです。

私みたいな歳でサッカーボールを持って公園に現れる人はいません。もし現れたら「あの人、仕事は?こんな時間に何をやってるの?」と思ってしまいますもの。散歩をしている人たちから、私はそのように心配されていると思います。(^_^;)



テニスや野球をしている人が私を見ても何とも思わないかもしれませんが、サッカーをしている人は「あいつ下手だけど何か必死に練習してるな。しかもあの歳で」と思う確率90%。

私は人の目を気にしないタイプですが、これには恥ずかしさを感じ、サッカーボールを持った少年が現れると、「君が来たからボールを蹴るのをやめるんじゃなくて、ちょうど練習が終わったからやめるんだよ」という雰囲気を装って壁を譲ります。その去り際は大人らしく堂々としています。



ボールを蹴り終わるとベンチに座り、音楽を聴きながら自然を感じます。



雨が降ったり、公園に行くほどの体力がないときは、家で映画を見ながらフラフープを40分。

劇的に変化が起こるわけではありません。

ボール蹴りとフラフープは2ヶ月ぐらいですが、ジョギングは1年半続けていますので、下半身はしまってきた感じがします。



仕事ですか?

公園に行ったり、家でフラフープをしている時間を除いては、ちゃんとやっていますので安心してくださいね。



今日の名言:

ゆっくりでもいい!! 自分の力でやり遂げろ!!(スラムダンク・田岡監督)


私がジョギングをしていて「疲れたからもうやめたい」と思ったときに、この言葉を唱えています。

 

スポンサーサイト

テーマ : こんなことがありました
ジャンル : ブログ

迷わずに買うもの

倹約家の私が迷わずに買うもの。

それは、本です。

私は決めています。「本に対しては絶対にケチらない」と。

本はとても良い先生です。

知識や経験豊富な作者の話が、1000円前後で読むことができます。


図書館も活用します。書店で見ても興味がなかった本でも、図書館では気軽に借りることができますので、それほど興味がない分野の本でも借ります。

私の住んでいる地区では、1人6冊、2週間まで借りることができますので、2週間に一度、6冊の本を借り、それに購入した本を合わせますと、月に10冊~15冊の本を読んでいます。

最近の図書館ではインターネットで本を予約することもできますので、気になる本や作者がいれば、予約を入れておき、近くの図書館に送られてきたら、借りに行っています。

本は人を成長させてくれます。


本を読むことは重要ですが、本の知識だけでわかった気にならず、自分で行動し、経験を積んでいきたいと思います。


今日の名言

その先に大発見が待っているって分かれば、誰でもやるんですよね。でも、それが分からないのに努力できるかどうか、ここが運命の分かれ目なんですよ。(佐藤克文)

 

テーマ : 心の持ち方
ジャンル : 心と身体

「遅すぎる」という言葉

私は、何かを始めようとするときに、「遅すぎる」という言葉は絶対に使いません。

なぜなら、「遅すぎる」と言った時点で、可能性がゼロになってしまうからです。

何でもやってみないとわかりません。何歳からでもやってみないとわかりません。


「学生のころだったら」、「あの頃だったら」、「あと10歳若かったら」

誰だってそう思います。しかし、それを言っていたら何も始められません。

過去にやってこなかった自分がいるのであれば、これからやればいいだけです。

後悔のないように「やる」か、後悔を引きずりながら日々を過ごすか。


人にどう思われようがいいじゃないですか。人に何を言われようがいいじゃないですか。

自分は自分、人は人です。


これは理想論かもしれません。ただのきれいごとかもしれません。

現実には多くのしがらみの中で人は生きています。何をやるにも多かれ少なかれ障害があります。何も失わずに新しいことは始められません。

しかし、どんな状況でも「やる人」はやります。

やりたいことがあれば、やればいいんです。


今日の名言

限界はいつかくるだろう。周りが言うのは仕方がないが、自分で作ってはいけない。(工藤公康)

 

テーマ : 心の持ち方
ジャンル : 心と身体

自己紹介

自己紹介

20代前半のころから「海外で生活したい」と思っていましたが、コンピューター関係の仕事が忙しく、海外旅行すらしたことがない状態で迎えた29歳の6月。

香港に友達が住んでいたので、思い切って尋ねることに。中国語はもちろん、英語も話せなかった私が空港から1人でホテルへ向かったり、わけもわからず香港の街を歩いたりしたことは、私の中の何かを刺激しました。他の人にはたいしたことがないことでも、私にとっては大きな一歩だったのです。


その頃、私は友達と起業し、コンピューター関係の小さな会社を持っていました。

香港に行く前は仕事をそのまま続ける予定でした。友達ともやってましたし、お客さんにも喜んでいただける仕事なので、満足もしていました。


以前から憧れていたもの。

初めての海外で感じたもの。

30歳というワーキングホリデー(海外で働いたり、勉強したり、好きなことができるビザ) の期限。

「今、動かなければ、絶対に後悔する。思い切って仕事を辞めて海外へ行こう」

重大な選択って、結局はどちらを選んでも後悔すると思うんです。ただ、このときの私は海外へ行くことを選ばなければ、悔やんでも悔やみきれないほど、後悔すると思い決断しました。

お客様にはご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ありませんでした。

その後は今までの鬱憤を晴らすかのように、ワーキングホリデービザを使いカナダのバンクーバーで1年間、帰国後は日本で半年働き、フィリピンのセブ島で英語留学を1ヶ月間、再びワーキングホリデービザを取得し、オーストラリアのシドニーで1年間。その間にも旅行をたくさんしました。出会いの素晴らしさも改めて実感しました。


まだまだ行ったことがない国がたくさんあるので、また海外へ行きたいです。

日本で1年働いて、海外へ1年。帰国後、また日本で働いて、海外へ。この繰り返しでも、やろうと思えばできます。

ただ、これは一時凌ぎのような気がするんです。

私のように30歳を越えると、この方法では先が見えません。


今後は日本でやりたい仕事がありますので、日本を拠点にし、時間がとれるときに海外旅行や短期留学へ行きたいと思っています。

そのためには、仕事をしっかりと持ち、日本での基盤を築くため、最大限の努力をしなければいけません。

以前、お世話になりましたお客様からもご連絡をいただき、嬉しさいっぱいです。これからはもうひとつのホ仕事(Web関係)を充実させ、今のお客様とは利益を追求せず、お客様も自分も楽しんで仕事ができるようにしていきたいです。


自分が歩んできた人生に後悔はありません。

人生の選択に迫られたとき、目先の利益や世間体を気にせずに、「将来、後悔しないためにはどの選択がベストか?」と常に選んできたからです。

もちろん小さな後悔はあります。ただ、そういったことは気にしないことにしています。良かったことは覚えていて、悪かったことは教訓を得てから忘れるようにしています。

今までの人生で良いことも悪いこともありましたが、そのすべてが今の私を作っていますので、自分の人生に満足しています。

人からどんな目で見られようとも、人に何を言われようとも、これからは自分に嘘はつかず、好きなことだけやっていこうと思います。

迷いはありません。

だって、人生は一度きりなんですもの。

「自分に嘘をつかず、自分をごまかさない。やると言ったらやる」

中途半端は一番いけません。特別なスキルはありませんが、私は断固たる決意を持って、今を生きています。

ここに書かれている内容は、どこかで聞いたり、読んだりしたことがあるかもしれません。私は今までに数多くの本を読んでいますので、それらの影響が出でていると思います。特別な人でない限り、知識というものは、誰かから、どこかから受け売りです。それをどのように生かすかが、人生を左右すると言っても過言ではありません。

私が得た知識を自分なりに生かし、日々の生活に取り入れていることをここで綴って行きたいと思います。

 

テーマ : 心の持ち方
ジャンル : 心と身体

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
プロフィール

makoto

Author:makoto
パソコンのインストラクターをしながらWeb関係の仕事をしています。
20代後半にワーキングホリデービザを使い、カナダ、オーストラリアへ行き、日本の良さを改めて実感。今後は日本で基盤を作るために日々勉強中です。
まだまだ30歳ちょっとですが、今までの人生で得た経験や考え方をこのブログに綴って行こうと思います。

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。