スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「遅すぎる」という言葉

私は、何かを始めようとするときに、「遅すぎる」という言葉は絶対に使いません。

なぜなら、「遅すぎる」と言った時点で、可能性がゼロになってしまうからです。

何でもやってみないとわかりません。何歳からでもやってみないとわかりません。


「学生のころだったら」、「あの頃だったら」、「あと10歳若かったら」

誰だってそう思います。しかし、それを言っていたら何も始められません。

過去にやってこなかった自分がいるのであれば、これからやればいいだけです。

後悔のないように「やる」か、後悔を引きずりながら日々を過ごすか。


人にどう思われようがいいじゃないですか。人に何を言われようがいいじゃないですか。

自分は自分、人は人です。


これは理想論かもしれません。ただのきれいごとかもしれません。

現実には多くのしがらみの中で人は生きています。何をやるにも多かれ少なかれ障害があります。何も失わずに新しいことは始められません。

しかし、どんな状況でも「やる人」はやります。

やりたいことがあれば、やればいいんです。


今日の名言

限界はいつかくるだろう。周りが言うのは仕方がないが、自分で作ってはいけない。(工藤公康)

 

スポンサーサイト

テーマ : 心の持ち方
ジャンル : 心と身体

カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
プロフィール

makoto

Author:makoto
パソコンのインストラクターをしながらWeb関係の仕事をしています。
20代後半にワーキングホリデービザを使い、カナダ、オーストラリアへ行き、日本の良さを改めて実感。今後は日本で基盤を作るために日々勉強中です。
まだまだ30歳ちょっとですが、今までの人生で得た経験や考え方をこのブログに綴って行こうと思います。

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。